ニキビ治療薬

皆さんはニキビが出来た時どうしていますか?
放っておく方やニキビに直接薬をつける方、薬を服用する方様々いると思います。
放っておく方でもニキビが跡になってしまったり、ニキビが悪化してしてしまったりはしたくはないはずです。
今回は服用するお薬について紹介しようと思います。

ミノマイシンというニキビ治療薬を聞いたことがありますか?
ミノマイシンとはアメリカのファイザー社が開発した飲むタイプのニキビ治療薬です。
主成分は「ミノサイクリン塩酸塩」という抗生物質になります。
このミノサイクリン塩酸塩が細菌が増えるときに必要なタンパク質の合成を抑制します。ですので細菌の数が減っていき、ニキビが治るというわけです。この薬には形状が錠剤、カプセル、顆粒状と3タイプあります。

服用方法としましては、大人の場合は1日1~2回、食後に服用してください。12時間又は24時間のサイクルで服用することが大切です。肝臓病や腎臓病のある方は注意が必要です。高年齢者の方も副作用が出やすいので服用量や服用間隔など注意してください。

副作用としましては胃腸内の善玉菌も殺してしまうので下痢になったり、便秘といった症状が現れる可能性があります。
また、長期に飲み続けると肝障害、血液障害、ビタミンB欠乏症、ビタミンK欠乏症が起こることもあります。他にもめまいや頭痛といった症状も確認されています。ですので、こういった症状が起きたら服用するのをやめたほうが良いでしょう。

この薬には医療機関で処方していただく他にも個人輸入代行業者からジェネリック薬品として安く購入することができます。
ジェネリックの商品名はディバインやミノマイシン・ジェネリックといった商品がそうです。
もし、忙しい方や医療機関に行きたくない方、治療費を安くしたい方で「ニキビ治療がしたい」という方はそういった業者を使うのも一つの手だと思います。
ただ、海外医薬品の場合すべて自己責任になりますので安心できる業者に頼んだほうがいいでしょう。